「ケア方法」

 

背中にきびは、触らないほうが早く治ります。そもそも炎症ができている部分は、刺激を与えると悪化します。気になっていじりたくなってしまっても、そこはぐっと我慢した方が良いです。

背中にきびを触るのは、薬をつけるときだけにしましょう。皮膚科でもらえる治療薬には、抗真菌剤、抗生物質、レチノイド製剤、があります。この中で一番治療効果が高いのは、抗真菌剤です。

背中にきびには顔のにきびと違い、アクネ菌ではなくマラセチアというカビの一種が原因で生じます。なので、抗生物質で殺菌するよりも、カビを殺す抗真菌剤が有効なのです。

ちなみに、レチノイド製剤は角質を柔らかくすることで、にきび自体の発生を防ぐ薬です。薬をつけるときにも、できるだけ患部を刺激しないように清潔な綿棒などで塗布します。

もしくは、手をしっかり洗ってから手で塗っても良いです。それ以外のときには、背中にきびはできるだけ触らないのが鉄則です。就寝時は横向きで寝るなどして対策しましょう。