レーザーを使ったシミ治療とは

い部分にできてしまったシミや、スポットでできたシミ治療に使われるのがレーザー治療です。
シミ治療にはいくかの方法があります。ですが レーザーはしみを完全に消すことができる唯一の方法とも言われています。
それほど、効果に信頼性の高い方法です。

シミを完全に治療したい。今回は本気で治療したいと考える人はレーザーを選択しています。
シミの種類によってレーザーの種類を変えなくてはならないので、施術前には医師との綿密な相談が必要となります。
シミ治療の中でも安全な部類ですが、きちんとしたアフターケアをしないと思わぬ副作用が出てくることがあります。

また、照射された箇所は出血し、かさぶたになります。かさぶたは自分で剥がさず、自然に取れるまで放置しておきましょう。
無理に剥がすと炎症を起こし、シミの治療のつもりが色素沈着してしまうこともあります。
また、かさぶたが剥がれた後の皮膚には、UVケアが必須です。また乾燥しやすくなっているので、保湿も必要です。
さらに、刺激が強い化粧品などを肌につけないようにしましょう。

最近では、シミ治療の後もすぐにメイクができるということもあります。
しかし、治療後の肌は物凄く敏感な状態です。
ですから、負担をかけないためにも、あまりお勧めはしません。

レーザー治療によって、一時的にセンシティブになった肌をしっかり保護する必要があります。
レーザー治療によって、できたかさぶたが治癒する際に肌が新陳代謝を起こします。 それによって新しい綺麗な肌が蘇るのです。
ですから、それまでのケアを怠ってはいけません。 それによって美しい肌が生まれ変わるのを助けます。

他にも気になる、たるみ治療問題。

潤いリングのできるハリのある肌を目指したいものです。
特に目の下のたるみは、老けて見える原因で1,2を争うくらい深刻な悩みとなります。
目の下のたるみのせいで年より老けて見えますし、影ができるので不健康にすら見えます。
年をとってもたるみの出ない人もいれば、若くしてたるみが出てくる人もいます。
これは骨格が影響していることですから、ある意味防ぎようがないのですよね。

さてこのたるみ治療ですが、外科的な施術で治療を行うと手っ取り早く治すことができます。
現在主流となっているたるみ治療の施術は、
目の下の粘膜にメスを入れてそこから飛び出している脂肪を吸い取るという方法です。
このとき粘膜に傷跡ができますが、これは普段見えていない部分ですから、あまり気になることはないでしょう。
ただ、たるみ治療で脂肪を取ったあとに皮が余ってしまっていますから、
余分な皮を切り取って縫い合わせるという施術が必要になってきます。

この場合は施術する医師が下手だと傷跡が目立ってしまうこともあるかもしれません。
たるみ治療をすると見た目が若々しくなれる反面、そういったリスクも併せ持っています。
十分理解した上で検討しましょう。